男性

ネット社会で道を踏み外さない|動画制作で情報をより簡潔にしよう

よりイメージしやすく

オフィス

少子化の影響によって、企業による新卒採用の数の確保が厳しい時代となってきました。近年の景気は回復傾向にあり、採用人数も増加しています。このように企業がたくさんの人を必要とするようになると、内定者数の確保という課題が生じるようになります。内定者数の確保には、たくさんの学生にエントリーしてもらうことが大切です。しかし、企業に対するネガティブなイメージを持たれてしまっては、たくさんの人にエントリーをしてもらうことは難しいと考えられます。企業側は、自社に良いイメージを持ってもらうために、採用試験時にはあらゆる工夫を行なう必要があるのです。

採用試験にたくさんのエントリー数を確保するためには、より多くの人に自社に対する興味を持ってもらうことが大切です。自社に興味を持ってもらう方法の一つとして、企業を紹介する動画の作成を行なってみてはいかがですか。動画であれば、映像によって自社の魅力をアピールすることができるので、現場の姿をリアリティを持って伝えることができます。実際のお仕事の現場を紹介すると、学生側も将来活躍する自分の姿をはっきりと想像することができるので、その企業に惹きつけられることでしょう。実際に数多くの企業が、企業説明会などで動画を活用しています。企業説明会などでの動画の活用は、その他の部分でも効果を発揮します。近年は新入社員の3年以内の離職率が社会問題となっていますが、その原因の一つが、仕事のイメージと現実のミスマッチです。動画であらかじめ現場の様子を知ることで、そのようなミスマッチを減らすことができるでしょう。